白梅会
会則・役員一覧
白梅会事務局からのお知らせ
第1条 本会は白梅会と称し、事務所を
神戸市中央区港島1-1-3 神戸学院大学内に置く。
第2条 本会は会員相互の親睦と向上をはかり、かつ母校との連絡を密にし、
その発展を助成することを目的とする。
第3条 本会は下記の会員を以って組織する。
  1. 正会員   母校卒業生
  2. 特別会員  母校教職員
第4条 本会に次の役員を置く。
  1. 会長    1名  (幹事中より互選する)
  2. 副会長   2名  (    〃    )
  3. 会計    2名  (    〃    )
  4. 書記    3名  (    〃    )
  5. 会計監査  2名  (    〃    )
  6. 幹事    卒業年次各科別に会員の中から各々2名を選出する。
  7. 顧問    2名
第5条 役員の任務は次のとおりである。
  1. 会長は本会を代表し会務一切を統括する。
  2. 副会長は会長を補佐し会長に事故のある時はその職務を代行する。
  3. 幹事は幹事会を組織し会務を審議し会務の一切の運営に当たる。
第6条 役員の任期は3ヶ年とする。但し再選を妨げない。
第7条 総会は必要に応じて随時これを開き、幹事会は年一回以上開くこととする。
第8条 会の運営は会費及び寄贈金をもってこれに当てる。
第9条 正会員は入会と同時に会費として10,000円納入することとする。
ただし、便宜上在学中に納めるものとし、退会することがあっても返付しない。
会員および、特別会員の死亡した時は香料と供花料を贈る。
第10条 会則の変更は総会の席において出席者の3分の2以上の同意を必要とする。
第11条 会員にして住所及び一身上に異動を生じた場合は直ちに事務所に
通知することとする。
第12条 地方在住の会員で会長の承認を受けた場合 本会支部を設けることが出来る。

神戸学院女子短期大学は2006年(平成18年)3月31日をもちまして、 同じ学校法人に属する神戸学院大学と統合いたしました。
そのため白梅会事務所の移転など、会則については 2010(平成22)年第30回総会で一部、更新いたしました。

会長 呉 富美     (8回生)
副会長 前川 紀代子  (12回生)
田中 朱美   (33回生)
会計 谷口 加寿子  (22回生)
中矢 道子   (33回生)
会計監査 増田 富子    (22回生)
山木 公子   (39回生)
書記 岸本 加奈子  (46回生)
上田 未緒   (52回生)
古川 弥香   (52回生)
 
 
 呉 富美

富美宝飾代表
学校法人神戸学院理事
神戸貴金属工芸組合 組合長
団体役職 兵庫県技能士会連合会理事
神戸市技能職団体連合会常任理事

経歴
1956(昭和31)年 神戸森女子中学校卒業 
                                (現 神戸学院大学付属中学校)
1959(昭和34)年 神戸森女子高等学校卒業 
                                (現 神戸学院大学付属高等学校)
1961(昭和36)年 神戸森女子短期大学文芸科卒業 
                                (現 神戸学院女子短期大学)
1962 (昭和37) 年 真珠貿易会社に勤務
1968(昭和43)年 富美宝飾を創業 現在に至る
1994(平成 6)年 白梅会 会長就任 現在に至る

表彰
平成20年11月17日 「厚生労働大臣表彰」 舛添要一厚生労働大臣より受賞
  組合長を務める団体が職業能力開発関係に依る優良団体として
  その功績が認められ受賞

平成20年11月25日 「神戸市技能功労者表彰」 矢田立郎神戸市長より表彰
  40数年一貫して宝飾業に従事し優れた技能をもち、後進の育成他、
  地域貢献などで授与

平成22年 5月 3日 「兵庫県労働・技能功労者表彰」 井戸敏三兵庫県知事より授与
  永年にわたって技能向上に努め、貴金属工芸界の発展に貢献された
  功績をたたえ表彰

平成30年 9月 1日 「感謝状」 西本誠實理事長より感謝状を受贈
  学校法人 神戸学院において、45年間にわたり本法人の理事・
  評議員を務め表彰

令和 3年 2月18日 「第2回 森わさ賞」 神戸学院大学より授与
  校祖森わさ先生の「艱難にくじけず自活していける女性」「真に
  社会に役立つ人間の育成」の意志を継承し、現在活躍する女性
  卒業生として顕彰