白梅会
プライバソーポリシー
白梅会は個人情報保護の重要性を認識し、会員の皆様の情報の管理、 利用については以下の運用基準に基づいて個人情報の適正な保護に努めます。

1.個人情報の定義
この運用基準において個人情報とは、白梅会が知り得た会員の氏名、住所など連絡先、 卒業学科、卒業年など 個人に関する情報のことをいう。

2.個人情報の取得
白梅会は、利用目的を明らかにし、適正な手段によって、個人情報を取得する。

3.個人情報の管理
1) 白梅会は、個人情報の保護活動実施及び運用に関する責任を負う個人情報管理責任者を置く。
2) 個人情報管理責任者は、個人情報の正確性を保ち、これを安全かつ適正に管理する。

4.個人情報の利用
1) 白梅会は、同窓会活動に関連した業務の遂行上必要な限りにおいてのみ利用する。
2) 白梅会は、取り扱いを第三者に委託する場合、当該第三者につき十分調査を行ったうえ、 機密保持条項を含む契約を締結し情報に関する厳重な管理を求め、 目的以外の利用を行わないように厳正な監督を行う。

5.個人情報の第三者提供
白梅会は、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に提供しない。
1) 会員本人の同意があるとき
2) 法令の定めがあるとき
3) 個人の生命、身体、または財産の安全を守るために緊急的必要があるとき
4) その他、役員会が必要かつ正当と認めたとき

6.個人情報の会員への提供
同窓会活動を目的とする場合のみの利用とし、本人が学年幹事を通じて白梅会宛に 利用目的を明らかにして請求し、役員会が適当と認めた場合のみ提供する。

7.個人情報の訂正
個人情報に誤りがあると認められる場合、会員本人はその箇所の訂正を求めることができる。
誤りがあることが判明した場合、白梅会は必要な措置を講じ、その結果を会員本人に通知する。
8.この運用基準の改廃は、役員会が行う。

神戸学院女子短期大学同窓会 白梅会